俺の名は、ポットスチル。ここには16基いるが、s見た目も性格もみんな違う。約一〇〇〇度の熱で魂を焦がす奴。穏やかに沸騰しつづける奴。何にせよ、俺たちはごうごうと燃えつづけている。燃え尽きる時があれば、それは俺たちが死ぬときか、世界が終わるときだ。

燃えつづけた先にあるものは。

そもそも蒸溜とは何か、から始めよう。
もしも勉強熱心だった人なら、理科の授業を思い出してくれればいい。

蒸溜とは、水とアルコールの沸騰する温度の違いを利用し、発酵でつくられた
香りや味わいの成分を、アルコールと一緒に濃縮して取り出す過程をいう。
2回の蒸溜を経てできあがるのが「ニューポット」と呼ばれる無色透明のスピリッツだ。
これはアルコール度数が70%ほど。なかなかの破壊力だ。

加熱方法

  • 初溜(1度目の蒸溜)

    主に直火蒸溜。
    約1000度の直火で一気に沸騰させる。

  • 再溜(2度目の蒸溜)

    間接蒸溜。120度の蒸気で間接的に熱することで、
    雑味成分が取り除かれる。

  • バルジ型
  • ストレート型

まっすぐに生きるか。丸く生きるか。

16基のポットスチルは、すべて形がちがう
例えば、まっすぐなタイプ(ストレート型)で蒸溜をすると、
もろみの成分がそのまま冷却装置へ送られるため、力強い重厚なニューポットができる。
一方でふくらみのあるタイプ(バルジ型)で蒸溜をすると、
ふくらみの箇所で気体となったアルコールの香味成分が還流を繰り返し、
軽やかなタイプのニューポットができる。
さらに同じ形であっても、大きさや首の角度の違いによっても、さらに個性が異なる。

一つたりとも、同じ原酒はつくらない。それがポリシーだ。

ポットスチルは、熱伝導のよい銅製。
釜の中でもろみが銅と接触していくうちに、新たな香味成分がつくりだされ、
洗練されていく。2013年に4基を増設した。

物事にはすべて理由がある。その奇怪な形にも。

実はここまで
様々なポットスチルがある
蒸溜所というのは、
世界でも極めて珍しい

スコッチウイスキーで有名な
スコットランドには、
そもそも蒸溜所がたくさんあり、
蒸溜所同士で原酒の
やりとりをすることで、
ウイスキーの個性を
出していくのだそうだ。

日本にはそれほど
たくさんの蒸溜所がないので、
こうして一つの蒸溜所の中で、
できる限りの多彩な原酒を
つくるように工夫している

というわけだ。
物事にはすべて理由がある。
この極めて日本的な
創意工夫にも。