わたしの名は、ブレンダー。膨大な原酒を頭に入れ、ひたすらテイスティングを繰り返し、未来の原酒像を予測しながら、ウイスキーを仕上げる。知識と思考と失敗の積み重ねでしか、ひと握りの成功はつかめない。頼れるのは、確かな自分のみ。

機械ではない。人がつくるウイスキー。

途方もない工程と時間を経てできあがった原酒を
最終的に受け取るのが、ブレンダーだ。
わたしたちは日々200~300種以上の原酒をテイスティングしながら、
熟成状況をチェックし、それぞれのウイスキーの特徴にあったものを
選び、配合を決定していく。機械ではない。
そこにあるのは、研ぎ澄まされた人間の感覚だけだ。

ちなみに、味覚が変わらないように毎日同じものしか食べない、
というブレンダーもいた。その執念こそが、ウイスキーをうまくする。

ブレンダーは、ブレンドするだけではない。

ブレンダーの仕事は、
ただ原酒をブレンドするだけでは終わらない。
新しいウイスキーの香味を創造したり、いまある製品の香味が変わらないよう
品質を維持することもブレンダーの役割だ。
時には、理想の樽材を求めて森にも入る。

多彩につくりわけられた原酒に、ブレンダーの確かな意志が
加わることで、山崎の味わいはできあがる。
そのどちらが欠けても、ウイスキーは完成しない。

過去と未来を行き交いながら、現在は進行する

さらに将来、
どんなタイプの原酒が
どのくらい必要になるかという
未来図を描くのも、
ブレンダーの仕事だ。
ウイスキーは熟成に長い時間を要し、
いま仕込んだものが使われるのは、
十年、二十年先。
わたしたちの頭の中には、
常に百万樽を超える
原酒
が入っていて、
将来必要となってくる原酒を
イメージしながら、
日々管理をしていく。
ブレンダーはいつだって、
過去と未来と対話しながら、
今を生きている。